色は意外とおしゃべり

Vol.12 変わる! 賃貸住宅


部屋カスタマイズが流行っていますね。

私も、昔から部屋に手を加えるのが大好き。
独り暮らしを始めて、いまの部屋で3軒目ですが、
入居前のガランとした室内を見渡して
「白壁とフローリングの茶色のコントラストがアジアンテイストね」とか、
「絨毯敷きと低い天井だから昭和30~40年代ふうにしよう」などとイメージし、
部屋をつくりあげていきました。


そのうちに、アンティークに目覚めてしまい......。

最初はガラスの花活けやワイングラス、腕時計など小さなもので満足していたのですが、
だんだん大モノに手を出し、いまでは収納家具やソファまでアンティーク。
(画像は自宅のアンティークソファ。2年前に布地を張り替えました)
20120710_soi_01.jpg























でも賃貸物件は現状復帰が前提なので、画鋲やテープを使うことさえNG。
......と思っていたら、
画期的なサービスがスタートしていました。

レオパレス21の「マイコレプラン」http://www.leopalace21.com/customize/mycolle.html
住みたい部屋の壁1面を好きな壁紙に変えることができ、
画鋲の使用や壁への落書き、飾り棚程度のものなら設置することもできるのです。

壁紙は、
北欧風、クラシカル、花柄など7つのタイプから選べるプランと、
デザイナーの山口麻希子さんがセレクトした25色から選ぶことができるプランがあります。


 
じつは私、
この25色に関するお仕事をさせていただいたんです。
http://www.leopalace21.com/customize/mycolle_color.pdf


色の意味や解釈は、1色につき1つではありません。
クライアントの方と1対1でお話していくなかで、
その色の意味を突き詰めていくのがカウンセリングですが、
今回は「この壁紙を選ぶ人はどんな生活をしているか」と想像しながら、原稿を書きました。
タイトル案やレイアウトにも意見を反映させていただき、
楽しんで仕事できました。




やっぱり色のある生活っていいですね。
コラムニスト:添 実のり

カラーセラピスト

ブログ:http://ameblo.jp/minori-soi/
facebook:http://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100002104794829