スポーツ科学でみる

太っている人ほど食べてないという事実


「(そんなに)食べていないけど太る」と言う人がテレビのダイエット特集に出ていました。こういう人、結構います。

太っている人ほど食べてないと「言う」
アンケートで過去1ヶ月にどれくらいカロリーを摂ったか自己申告した値と体格の関係を表したのが下のグラフ。

20120124_shibata_01.jpg
健康・栄養ニュース(国立健康・栄養研究所)第3巻3号7Pから抜粋


縦軸BMI(※1)。この数値が高いほど体格がいい≒太っている。
横軸EI/BMR(※2)。この数値が低いほど摂取カロリーが少ない。

アンケートで摂取カロリーが低いと答えたグループほどBMIが高い。食べてないと言ってる人達の方が体格がいい。おかしいですよね。
BMIが高いグループ全員が太りやすい体質とは考えられないので、太っている人は食べていても隠す傾向があると言えます。

カロリーは少なめに伝える人が多い
このアンケートの対象は18~20歳の女子なので体格がいい日本人全てがこの傾向にあるとは言えないのかもしれません。
が、年齢、性別、体格に関係なくカロリーは少なめに言う傾向にあることはわかっています。

20120124_shibata_02.jpg
健康・栄養ニュース(国立健康・栄養研究所)第7巻1号3Pから抜粋


食事アンケートを取ると、男性の約6割、女性の約3割は摂取カロリーを少なめに答えるようです。

この食事アンケートで使われているDHQという調査票は精度を高めるために複雑にして、エラーが出づらいように作られたもの。
これですらカロリーを少なめに言う人が全体の44%もいるので、会話の中で言ってるカロリーは当てにならないと思っていいでしょう。

ある人の食事記録 
「ご飯は小さめの茶碗で1食に1杯(1日3食で合計3杯)。魚料理が多く1回に少1切れ、肉は少なく揚げ物料理はほとんど食べない。野菜は毎食食べ、間食はしない。お酒も時々しか飲まない。」
この話だと摂取カロリーは1200kcalくらい。

この人、身長が170cm。体重は72.2kg。BMI25の少し太り気味。
どんなに少なく見積もっても2166kcal/日(72.2kg×30kcal)食べなければいまの体重にならないので、この食事を日常していることは証明できません。

こんな人に私は「健康的な食生活ですね。この食事を続けてください。そうすれば体重は減りますよ。」 みたいなことを言うようにしています。
この人が言ってることは間違っていませんし、この食事を続ければ痩せられると自信を持って言えるからです。(どうしても「嘘でしょ」と思ってしまいますが・・・)

人の心は複雑ですが「食べてないのに太る」は単純にあり得ません。
ダイエットの話をする時も、聞く時も気をつけるようにしましょう。


※1 BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)。体格を表す数値。BMI22.5が理想的、肥満と言われるのはBMI25以上。体重55kgで身長160cmだと 55÷1.6÷1.6=21.5。
(スポーツマンなどには筋肉が多くてBMIが高いケースもありますが普段オフィスワークの方にはほとんどいません。)

※2  EI/BMRは摂取カロリー(EI)を基礎代謝(BMR)で割った数値。低いほど体型に対する摂取カロリーが少ない。
コラムニスト:柴田 明

フィジカルトレーナー

Twitter
http://twitter.com/shibataakira
Facebook
http://www.facebook.com/akira.shibata0911
Official HP
http://akirashibata.com/