ピックアップ

備蓄用食品として活躍!! 缶詰でも美味しいパン


8/30のテレビ東京、「ワールドビジネスサテライト」の中で
9/1の防災の日を前に、防災用品のホットの順番が放映されました。

その中で注目したのが、ボローニャFC本社さんの
缶詰のパン「缶deボローニャ」。

実は、私は以前から、ボローニャのデニッシュパンの大ファン。
ボローニャさんの公式ショッピングサイト

中でもプレミアムボローニャは、バツグンに美味しい!!
芸能人の方々もファンが多いみたいで、他の料理番組でも
このプレミアムボローニャを使ったメニューなどをよく見かけます。

今回、紹介されていたのは、防災用として
賞味期限が製造日から2年間ある缶詰タイプの「缶deボローニャ」。

缶詰といっても侮るなかれ。これが結構美味しいのです。
私はイベントの贈答用として利用したことがあるのですが
食べてみて、その美味しさにビックリした記憶があります。
缶切りが要らないタイプなので、これも便利。

ボローニャFC本社の藤崎さんは
「被災地では、食べた後に空いた缶を、容器などに利用されていた」
とインタビューで語られていました。
物が不足する震災後には、空き缶も有効活用されていたのですね。

余震や活断層の活発化により、まだまだ大きな地震が心配な日本。
備蓄用食品のひとつとして、準備しておくのも良いのではないでしょうか。


「缶deボローニャ」を楽天で買う

(「ワールドビジネスサテライト」で紹介された缶deボローニャ)

コラムニスト:ピックアップコラム編集者