スマートフォンサイトはこちら

みんなが見ている記事

もっと見る

エンタメ

エンタメ

酒に、タバコに、セックスに、これぞオトコたちの「肉欲」ドラマ。私は観ていて血をはきました。

2011年12月09日


とうとうこのオトコたちのお話をする時がきてしまいましたか・・・
このオトコたちの話を。

そう、「MADMEN(マッドメン)」。


舞台は1960年代、N.Y。
酒、タバコ、セックス・・・そしてサクセス。
欲望に溺れる広告マンたちの肉欲の塊ドラマ。


ね、これ聞いただけでみたくなったでしょ?


この作品は、アメリカで3年連続エミー賞&ゴールデングローブ賞をW受賞!
「テレビ界で一番高く評価されたドラマ」、
「劇場にも劣らない迫力と後を引くストーリー」
など、アメリカのメディアからの評価も非常に高いのです。


私がこの作品に出会ったのは、かれこれ4年前。


1960年代が舞台ともあり、パッケージに古臭さを感じ、
はじめはあまり手に取る気がしなかったのですが、

私自身が
当時、PR会社で、汗に涙にまみれながら働いていたこともあり、
この時代の「アメリカの広告マンたち」を勉強がてら
観てみることに。

すると、
どうでしょう・・・
なんということでしょう・・・

このドラマは、
もうおそろしいぐらいに
オトコの、欲という欲がふんだんにつまっていたのです。
キャー。


出世、出世、出世、出世、出世・・・
酒、酒、酒、酒、酒・・・
女、女、女、女、女・・・
セックス、セックス、セックス、セックス、セックス・・・
そして、
絶望、絶望、絶望、絶望、絶望・・・



仕事中にタバコはプカプカ
(barが禁煙になる今の時代なんて、当時は想像もできなかったでしょうね。)
個人に割り当てられるマイオフィスで、酒をぐびぐび。

ウィスキー片手に新規案件の打ち合わせや
ウォッカをぐびぐび飲みながらクライアントと電話、
なーんて日常茶飯事。


仕事終わりのビール!
ではなく、
仕事中からウイスキー!
なんです。

いけない大人ですね~ほんまに。


そして「男尊女卑」。

お金を稼ぐオトコがピラミッドのてっぺんに君臨し、
家を守る専業主婦はピラミッドの底辺。

お金を生まない女性は、家でだまって家事してろ!
オトコのすることに、ガタガタいうんじゃねーよ!

という、とんでもない暴走状態。



私は、働く女性なのですが、これを観て、
「まぁ、けしからん!」

とは決して思わず、
みょ~にぞくぞくしてます。
(変態なだけ?いいえ、違います。笑)


ままま
差別はもちろんいけないことやし、
今の時代に「男尊女卑」なんてあろうものなら、ダサすぎ。

だけど、
「おれたちはライオンキングだ~~!!!見やがれ、おれたちを!ワォーン!」
と、吠え叫ぶオトコ達を観ると、
こっちまで野生に帰ったような気持ちになり、
なんだかちょっぴり快感を感じます。


「日本のバブル」を経験していない世代って、

我慢に我慢、がんばりにがんばりを続けたあげくに
ようやく少しのご褒美がやってくる。
その「少し」が、ものすごーくうれしくて、
そのためにまた、我慢に我慢を重ねられる。


という、ショートケーキのイチゴは最後にとっておきなさい、
理論がしみついてる気がするんです。
(もちろん私もね)


でもこのドラマのオトコたちは、

ショートケーキのイチゴは誰よりも先に食え!
じゃないと、いつ、誰に食べられるかわからない。

そして、
余ったスポンジ部分は捨ててしまえ。
また、イチゴがほしければ誰かから奪ってしまえ!


って理論。


これが、
がんばらないとご褒美はもらえないもの、
だと信じて疑わない、バブルを知らない世代にとって、
目からウロコであり、新鮮。


なんか眠ってた「欲望」や「野生」が呼び戻される感じで、
ゾクゾクする。笑。


あ、あと
一つのプロジェクトにこんな派手にお金がつかえていいな~
って思う。笑。

稟議、稟議・・・
ハイ、却下!

なんてセコセコしたもんじゃなくって、
自分の権限で、億単位のお金が動いていく。


いい時代だなぁ・・・。

まま、
このドラマで野生が呼び戻されたからといって、

次の日から会社のデスクで、
ウィスキー片手に、「ヘイ、オネエチャン!」って言ってみたり、
タバコをプカプカさせながら会議に出たり、
なーんてことは、決してしませんがね。
(当たり前!)

そんなことしてたら、社会の規律なんてあったもんじゃないし。


何やら今は、
草食男子やらゆとり世代やら
えらい控えめな言葉が世に出回っておりますし、
実際に、そういう人も多くなってきた気もしますが、

心の奥底、深―い深―いところは、そうじゃないと思いますよ。
オトコもオンナも。

「野生」「欲望」がすやすやと眠っとるんですよ。
ただ、外的環境のせいで、その感覚が出てこれなくなっちゃっただけ。

それが、
このドラマを見ると、
隠れてたそういった感覚が呼び戻されちゃいます。
ちょっと「うっ」ってなるぐらいに・・・。


とはいえ、
根っから、人間のドロドロした欲が嫌いな方や、
特に強い欲がない方もいらっしゃいますから、
そういった方はみないほうがいいと思います。
(怒りしか覚えないかもしれません。)


そうじゃなければ、大丈夫。
何かしらの「ザワつき」や「ゾクゾク」をお約束します。

特に、
仕事欲が強くて、
30~40代のオトコの方にとっては、
このドラマ、

間違いない!(長井秀和風に)


私も、オトコに生まれて、ライオンのように仕事をしてみたかったな~
(それだけは、欲はあっても不可能な現実)

Special Thanks
Haruka

※キャストやストーリー内容について、全く触れなかったので、
 気になる方はこちらでチェック!
 おすすめは、主人公の妻である「ベティ」の行動の数々。
 子供をあやしながらタバコをふかすシーンにもゾクゾク。
 http://bit.ly/h3DeP9

コラムニスト:伊藤 遥

ベリトランス 広報

Facebook:http://www.facebook.com/itoharuca

CMソングランキング

  • 1位
    カップスープ 朝マグ食べたくなるソング
  • 2位
    林檎の樹の下で
  • 3位
    フィーリン・グッド
  • 4位
    ルージュの伝言
  • 5位
    My Way

最終更新日:12月05日

ランキング6~10位は
こちら≫

バックナンバーは
こちら≫

CMソングSearch テレビCM情報サイト

編集チーム

※編集メンバー紹介(Facebook)はこちら

※ライター名のリンクをクリックすると各ライターの記事が検索できます。

サイト内検索

Facebookページ、やってます。

TOPへ

 
  • 携帯サイトはこちら!!携帯サイトはこちら!!
  • スマートフォン対応サイトはこちら!!