スマートフォンサイトはこちら

みんなが見ている記事

もっと見る

雑学

雑学

「スポーツようかん」で翌日もハードに運動

2012年04月10日


お菓子メーカーの井村屋がスポーツ用のようかん、
その名も「スポーツようかん」を発売。
でも取り上げられ、話題です。

ようかんの主成分は糖質。筋肉にある糖質、
グリコーゲンは筋肉を動かすエネルギー源。
グリコーゲンはハードな運動で消費されます。
早く戻さないと、翌日ハードな運動ができません。


●運動直後の糖質補給は回復を約3倍早める
同じ人が、一週間空けて同じ強度の運動をした後に
糖質を補給。同じ量、運動直後だけに摂った場合と、
2時間後だけに摂った時に、グリコーゲンとして
筋肉に合成された量を比べた実験があります。

gl.gif














古旗照美: 競技特性別にみた栄養サポート 
パフォーマンスを最大限に発揮する競技. 臨床栄養 2008; 113(7)から抜粋
□:運動終了直後にとった場合
■:運動終了2時間後にとった場合

グラフ左が運動終了直後~120分の間に筋肉に
取り込まれたグリコーゲン量。

運動直後に糖質を摂った□は、運動終了2時間後に
糖質を摂った■に比べて、グリコーゲン合成量が
約3倍になります。


●2時間後に摂っても上がらない
グラフ右が120~240分の間に筋肉に
取り込まれたグリコーゲン量。

□と■に差はほとんどない。
糖質を運動2時間後に摂っても、運動直後のように、
グリコーゲンの合成スピードが上がることはありません。

この差が、運動終了4時間後のグリコーゲン
貯蔵量に影響します。
運動直後に糖質を摂った方が、約50%も筋肉の
グリコーゲン量が多くなることがわかっています。

グリコーゲンの回復には、運動終了後、
いかに早く糖質を補給するかがポイントです。


●運動直後に食事を摂るのは難しい
とは言え、運動直後は食欲がそれほど高くないので、
あまり食べることはできません。
それに、ストレッチ、シャワー、着替え、ミーティング、
移動などで、食事を取れる環境にないこともあります。

そこで「スポーツようかん」(普通のようかんでも同じです)
s_yokan.jpg















井村屋株式会社webから転載

ようかんは小さいので、食欲が落ちた運動直後
でも食べられる。持ち運びにも便利。
どこでも食べられます。

ようかん以外の、お菓子、おぎにりなども運動直後の
糖質補給に適しています。
糖質が豊富な食べ物で好きなものがあったら、
運動直後に食べるのがお勧めです。

チョコレートやケーキはカロリーも高いので、
1日の総摂取カロリーを越えないように注意する
必要はありますが、筋肉の回復にはグリコーゲンの
回復が必要です。

翌日もハードに動きたいなら、
運動直後に糖質を補給しましょう。

☆この記事に関する質問や御感想は
Twitter: @shibataakira
Facebook: shibataakira
までお気軽にどうぞ

コラムニスト:柴田 明

フィジカルトレーナー

Twitter
http://twitter.com/shibataakira
Facebook
http://www.facebook.com/akira.shibata0911
Official HP
http://akirashibata.com/

CMソングランキング

  • 1位
    ハートアップ
  • 2位
    All I want
  • 3位
    幸せなら手をたたこう
  • 4位
  • 5位
    人生にようこそ!-Viens vivre

最終更新日:01月18日

ランキング6~10位は
こちら≫

バックナンバーは
こちら≫

CMソングSearch テレビCM情報サイト

編集チーム

※編集メンバー紹介(Facebook)はこちら

※ライター名のリンクをクリックすると各ライターの記事が検索できます。

サイト内検索

コラムニスト募集!!

Facebookページ、やってます。

オンエアナビをつぶやこう!

TOPへ

 
  • 携帯サイトはこちら!!携帯サイトはこちら!!
  • スマートフォン対応サイトはこちら!!