スマートフォンサイトはこちら

みんなが見ている記事

もっと見る

その他

その他

子どものコトバ

2013年03月11日


前回、面倒くさいことの中に美味しさとか美しさが宿ると書いたわたしだが
(実際これはわたしの信条でもある)、
日々の生活の中ではちょこちょこ敬遠している手間もある。

6歳になったばかりの長男とテレビを観ていたら天ぷらが出てきた。
そういえば天ぷら、家で作ってないなあ...と思い、
ケイタ、天ぷら好き?と聞くと、好き、と言う。

そうか、外では食べる機会はあるし、子どもって天ぷら好きだよね...と、
自分の子どもの頃を思い出した。

タネは鍋の端からそっといれるとか、イカははねやすいから注意とか、
串がすーっと入れば火が通ってるから出してとか...
天ぷらのお手伝いは楽しかった。
串がスーッと入るという感じが分からず、全部一口ずつかじって確認して、
後から怒られやしないかとドキドキしていたことを思い出す。

「そっか、ママのママは天ぷらも上手く作ってくれてたんだけど、
ママはまだ上手く作れないから天ぷら作ってあげられてないんだ、ごめんね」と
つい言い訳した。
ホントは時間や手間がかかるとの思いから敬遠しているだけだった。
その自覚があるから、よけいに申し訳ない。

すると息子、「そんなこと言わないで、ママ。
ママは、ママのママが作れなかったものもいっぱい作れてるじゃん」。

...ママのママが作れなかったもの、なんてわかってないだろうに...
そんなこと言ってくれちゃうと、またママ泣いちゃうよ...

子どもにとってはママを励ますための会話のキャッチボールに過ぎなかったのだろうけど、
その言葉があまりにあったかくて、思わず返事に詰まってしまう。
子どもは優しい気持ちを言葉にする。
いろいろ考えてこねくり回しているわけじゃない分、
その言葉はストレートに胸にしみる。
わたしはこんな優しい言葉をかけてあげられているかな... 。

「今度天ぷら作るよ」と言うと「いいよママ、天ぷら作らなくても」との返事。
思わずぎゅーしようと言って抱きしめた。

20130311_maruyama_01.jpg

コラムニスト:丸山 エミ

マルコムラボ 代表

丸山エミのAbfab Days
http://abfabdays.blogspot.com/

Facebook
http://www.facebook.com/amy.maruyama

CMソングランキング

  • 1位
    YOUNG MAN(Y.M.C.A.)
  • 2位
    あなたに愛されたいのに
  • 3位
    *CMオリジナル
  • 4位
    自由への疾走
  • 5位
    *CMオリジナル

最終更新日:04月20日

ランキング6~10位は
こちら≫

バックナンバーは
こちら≫

CMソングSearch テレビCM情報サイト

編集チーム

※編集メンバー紹介(Facebook)はこちら

※ライター名のリンクをクリックすると各ライターの記事が検索できます。

サイト内検索

コラムニスト募集!!

Facebookページ、やってます。

オンエアナビをつぶやこう!

TOPへ

 
  • 携帯サイトはこちら!!携帯サイトはこちら!!
  • スマートフォン対応サイトはこちら!!